埼玉県東部を管内とする埼玉東部農業共済組合(NOSAI埼玉東部)の農作物共済

NOSAI埼玉東部

共済事業のご案内

農作物共済

加入できる農家は

水稲・陸稲・麦の耕作面積の合計が10アール以上の農家となります。
ただし、水稲の耕作面積が25アール(秩父地域にあっては20アール)以上、陸稲・麦の耕作面積が10アール以上は必ず加入する事になっています。(当然加入)

対象となる災害は

風水害、干害、ひよう害、冷害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。
品質方式、災害収入共済方式については前記の災害による収穫物の減少に加え、品質の低下を伴う生産金額の減少も補償の対象となります。

責任期間は

責任期間は
  • 水稲・・・・・・・本田移植期から収穫まで
  • 陸稲・麦・・・・発芽期から収穫まで

※被害申告は、収穫前までにお願いします。

補償の内容は

農家が組合ごとに実施している引受方式から選択し、補償割合も支払開始損害割合により選択できます。補償の充実を図るため、最高の補償割合は次のとおりです。

一筆方式
耕地一筆ごとに、基準収穫量の7割を補償し3割を超える減収があった場合、共済金の支払対象となります。

共済金額(補償金額)=kg当たり共済金額×(基準収穫量×0.7)
※kg当たり共済金額:玄米(麦)1kg当たりの政府買入価格等をもとに農林水産大臣が告示した金額。

水稲の品質方式・麦の災害収入共済方式
農家ごとに基準生産金額の9割(共済限度額)を補償し、品質を加味した収穫量が基準収穫量を下回り、かつ生産金額が共済限度額を下回った場合、共済金の支払対象となります。

共済金額(補償金額)=(過去の平均出荷数量等×産地銘柄別・規格別の契約価格等)×0.9×付保割合
※生産量の概ね全量をJA等に出荷し、かつ、今後も概ね全量をJA等に出荷する農家が加入できます。

支払開始損害割合は

一筆方式・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3割 4割 5割
品質方式・災害収入共済方式・・・・・・・・・・1割 2割 3割 ごとに選択できます。

共済掛け金は

掛金は、共済金額に掛金率を乗じて算出します。
農作物共済では、掛金の約50%を国が負担しています。

共済金の支払いは (最高の補償割合)

共済事故によって一筆方式の場合は減収となり、見込収穫量が引受収量よりも少ないときに、その差の減収量に対して、品質方式・災害収入共済方式の場合は、品質を加味した収穫量が基準収穫量を下回り、かつ、生産金額が共済限度額を下回ったときに、その差の金額に対して共済金が支払われます。なお、水稲品質方式・麦災害収入共済方式では、収穫量をJA等の出荷データに基づいて判断します。
※引受収量=基準収穫量×補償割合

一筆方式・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 共済減収量=(基準収穫量×0.7)−見込収穫量
支払共済金=kg当たり共済金額×共済減収量
品質方式・災害収入共済方式・・・・・・・・・・・・ 支払共済金=(基準生産金額×0.9)−生産金額

お支払いできない被害

事実と異なる通知をしたときや、被害発生時に組合への通知を怠り、損害評価前に刈り取ってしまったとき等は共済金をお支払できない場合があります。
通常すべき栽培管理や防除を怠ったときは分割評価により減額されます。