埼玉県東部を管内とする埼玉東部農業共済組合(NOSAI埼玉東部)の家畜共済

NOSAI埼玉東部

共済事業のご案内

家畜共済

加入できるものは

包括共済
対象家畜の種類
共済目的の種類 加入資格
乳牛の雌等 乳用成牛(成乳牛・育成乳牛) 出生後第5月の末日を経過したもの
乳用子牛等(胎児・子牛) 授精後240日以降から出生後第5月の末日まで
肉用牛等 肥育用成牛 出生後第5月の末日を経過したもの
肥育用子牛 出生後第5月の末日まで
その他肉用成牛 出生後第5月の末日を経過したもの
その他肉用子牛等(胎児・子牛) 授精後240日以降から出生後第5月の末日まで
種雄馬以外の馬 一般馬 明け2歳から
種豚 種豚 出生後第5月の末日を経過したもの
肉豚 一般肉豚・特定肉豚 出生後20日とするが、その日に離乳していないときは、離乳した日からとする

対象となる災害は

  • 乳牛の雌等・肉用牛等・種豚・馬・・・・・・・・・・・・死亡、廃用、疾病・傷害・盗難
  • 乳牛の胎児・肉用牛の胎児・肉豚・・・・・・・・・・・死亡

※伝染病または激甚な風水害等の家畜異常事故による損害については、全額政府に再保険されます。

※一定の条件が整備されている場合には、申出によって共済事故を除外することができます。この場合は共済掛金はそれに対応して割引されます。

責任期間は

共済掛金期間開始日から1年間(一般肉豚は生後8カ月末日まで)です。

補償の内容は

共済金額は、共済価額の20〜80%(肉豚は40%〜80%)で選択できます。
なお、包括共済関係にあっては、家畜の飼養頭数が増加したことにより付保割合が低下したときは、共済金額の増額を請求することができます。

共済掛金は

掛金は、共済金額に掛金率を乗じて算出します。
牛・馬では掛金の50%を、豚では掛金の40%を国が負担しています。

NOSAIへの異動通知は加入者の義務です

家畜の異動(出生子牛が有資格月齢となる・胎児の出生・有資格家畜の導入・家畜の譲渡)は、必ずNOSAlへ連絡してください。
これが適正に行われなかった場合、すでに支払われた共済金を返還することが生じます。