埼玉県東部を管内とする埼玉東部農業共済組合(NOSAI埼玉東部)の畑作物共済

NOSAI埼玉東部

共済事業のご案内

畑作物共済

加入できるものは

農家ごとに、大豆は5アール以上、耕作又は生産している農家となります。

対象となる災害は

風水害、寒干害、ひょう害、凍霜害、その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害です。

責任期間は

  • 大豆・・・・・・・・・・・・・発芽期(又は移植期)から収穫まで。

被害申告は、収穫前までにお願いします。

補償の内容は

大豆の一筆方式は
耕地一筆ごとに基準収穫量の3割を超える減収があった場合、共済金の支払対象となります。
共済金額=kg当たり共済金額×(基準収穫量×0.9、0.8又は0.7)

※kg当たり共済金額:過去5カ年間の農家手取り価格(庭先価格)を基準にして、毎年国が定める1kg当たりの価格

大豆の全相殺方式は
大豆は農家ごとに基準収穫量の1割を超える減収があった場合、共済金の支払対象となります。

共済掛金は

掛金は、共済金額に掛金率を乗じて算出します。
畑作物共済では、掛金の55%を国が負担しています。

共済金の支払いは

一筆方式・全相殺方式は共済事故によって減収となり、見込収穫量が引受収量よりも少ない場合、その差の減収量に対して共済金が支払われます。

一筆方式・全相殺方式
支払共済金=kg当たり共済金額×共済減収量
共済減収量=基準収穫量×0.9、0.8又は0.7−見込収穫量

※引受収量=基準収穫量×補償割合

お支払いできない被害(共済事故によらない場合)

  • 肥培管理の粗放や病害虫防除の不徹底は分割評価により減額します。
  • 薬害、車両の飛び込み・盗難などの人為的被害は免責です。